Honeybee

アクセスカウンタ

zoom RSS 次代へ繋げる想い、「獣の奏者 III探求編、IV完結編」より

<<   作成日時 : 2009/08/17 16:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 獣の奏者、探求編と完結編が出ました。
 「獣の奏者エリン」として、現在テレビシリーズが放映されていますが、そのずっとあとの話です。エリンは結婚し、ジョシという息子が生まれ、やんちゃ坊主に育ったあたりから物語が始まります。

 この世界は王獣と呼ばれる翼のある獣と、闘蛇と呼ばれるは虫類の一種のような生き物が存在しています。王獣は食物連鎖の頂点にあり、子供が捕らえられて眞王の王権の象徴として飼育されています。一方、闘蛇は戦闘用として大公領で飼育・調教されています。ただし、どちらも飼育のみで繁殖はされていません。エリンの母は、闘蛇衆および獣の医師として闘蛇の世話をしていましたが、ある時闘蛇の大量死が発生して、その責をおい処刑されます。エリンは母を助けようとして、闘蛇により遠くに運ばれ、そこで王獣と出会います。

 王獣も闘蛇も大昔の建国時に何か恐ろしい戦いに使われて、現在は厳しい戒律のもと、人との交流を断ったかたちで飼育されています。たまたまエリンは怪我をした王獣の世話をすることになり、その王獣と深い絆でむすばれます。そして古の戦いと王獣、闘蛇の飼育方法に残る制約が何か関係していると感じています。

獣の奏者 (3)探求編
講談社
上橋 菜穂子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


これは探求編というだけあって、闘蛇の謎が色々解明されます。そして、この国の外から以降の大公領で昔の闘蛇に関する知識を手にします。


獣の奏者 (4)完結編
講談社
上橋 菜穂子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この巻では、王獣とともに戦うことを選択したエリン、王獣を戦わせないために闘蛇乗りになった伴侶のイアン、母のあとを追い獣の医術師を目指すジェシの親子と、王獣の親子が絡んできます。そして、腹を決めたエリンには王獣の習性がどんどん明らかになってきます。しかし、ここへきて外国からの戦の気配が大きくなり、エリンは戦に出る覚悟を決めます。この話の中では、次の世代に向けて、投じよう人物たちから色々なメッセージが発信されていきます。

「意見が出尽くし、議論が煮詰まったと思ったら、そこで<茶の一刻> を宣言なさい。その時機を逃すと、既に意見は出尽くしているのに、まだ言い募ろうとする輩が、自分の主張を繰り返して場を惓ませてしまう。そうなる前にうまく断ち切りなさい。」 
 眞王セイミアの祖母の言葉ですが、どこぞの議員さんにも聞かせたい言葉ですね。このことは、以下のような実用的な価値も持っているのです。

「人の意見をないがしろにせず、しかし最後の決断は常に自分が握るための習慣なのだ。
 それだけでなく、こうして熱いお茶を飲みながら、静かに内儀の進行を思い返していくと、なにが要点であり、どうすべきかが見えてくる。」
 これは、すぐにでも活用できそうだし、役に立ちそうではないですか?

「戦は避けねばならぬもの。何としてでも避ける道を見つけなければならぬものなのだと、貴族も民も、そして武人たちさえも心から思うようにならねば、<戦>に代わる道を見いだすことは出来ぬ。」
というセイミヤの言葉も現代の戦を抑えるために必要なことだと思いました。

 エリンから息子のジェシへは、とてもたくさんの教えが伝えられます。人という生き物について、知識と戦について
「人は知れば考える。多くの人がいて、それぞれが、それぞれの思いで考え続ける。一人が死んでも、別の人が、新たな道を探していく。-----人という生き物の群れは、そうやって長い年月を、なんとか生き続けて来た。
 知らなければ道は探せない。自分たちが、なぜこんな災いを引き起こしたのか、人という生き物は、どういう風に愚かなのか、どんなことを考え、どうしてこう動いてしまうのか、そういうことを考えて、考えて、考え抜いた果てにしか本当に意味のある道は見えてこない....
 だからね。お母さんはあきらめないわ、ジェシ。自分から死んだりなぞ絶対にしない。災いを起こしてしまうのであれば、その災いの真っ只中を飛んで、その先に道があるかどうかを探すわ。そして、見つけたことを伝えるために、死にものぐるいで生き抜くわ。」
結局、道半ばに倒れたエリンのあとを息子のジェシが立派に継いでいきます。

 最後に王獣の子を野に放つにはどうすればよいかというジェシの問いに答え「わからない言葉をわかろうとする。その気持ちがきっと道を開くから...。」と言い残すエリン。これは人間同士にも当てはまりますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児ブログ・ランキング 木精占いはいかが? ここ↓をクリック(無料です) SQ Life 木精占い クリックで救える命がある。 Amazon. co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン
次代へ繋げる想い、「獣の奏者 III探求編、IV完結編」より Honeybee/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる