Honeybee

アクセスカウンタ

zoom RSS 庭のモダンな芋虫2種

<<   作成日時 : 2009/08/22 08:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日少し幼虫に付いて書きましたが、我が家の猫の額ほどの庭を眺めると、里芋の葉とすみれの葉がえらく誰かに食べられています。ジーッと見つめていると、犯人発見。
画像

里芋の葉をかじっていたの上記上の芋虫。黒地にレモンイエローのラインが1センチ刻みほどに入り、その脇に赤の小さな斑点。なかなかモダンな色使いでとてもきれいですが、7センチほどあります。お尻には1本の1.5センチほどの突起があります。

スミレの葉をかじっていたのは、黒地に朱色の毛が生えた毛虫? ジーッと見てみると、毛ではなく、突起でした。上記下の芋虫です。背中心に朱色のラインが頭からおしりまで1本通り、その両脇に3列ずつ突起が並び頭からしっぽに向かってきれいに並んでいます。さらに、お尻には2本少し長めの突起が生えています。大きさは5センチほどです。

どちらも多分最終齢に近い幼虫ではないかと。スミレの芋虫は昨日見たときは1匹だったのが、今日は4匹に...どこに隠れていたのでしょう? スミレも少し大きめの株ではありますが、15センチ四方くらいですし、まだ葉はかじりつくされてませんから他のところから来たのかも...。ちなみに里芋は5,6匹で10枚くらいの葉を食べ尽くしてしまいました。他にも何か食べているのでしょうか? それともサナギにになったのか、はたまたアシナガバチの餌にでもなったのか、里芋の葉とともにどこかへ行ってしまいました。まぁお腹すくから移動したのでしょうが...。

それにしても、芋虫といえばアゲハやモンシロチョウの幼虫はよく見るのですが、黒地のものは何の幼虫なんでしょう。どなたか知っておられたら教えてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児ブログ・ランキング 木精占いはいかが? ここ↓をクリック(無料です) SQ Life 木精占い クリックで救える命がある。 Amazon. co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン
庭のモダンな芋虫2種 Honeybee/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる