Honeybee

アクセスカウンタ

zoom RSS 「小千谷縮」ユネスコ無形文化遺産へ

<<   作成日時 : 2009/10/29 20:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

10月22日の熊本日々新聞の記事で知りましたが、ちょっとご紹介が遅れてしまいました

2009年9月にユネスコ(国連教育化学機関)の無形文化遺産に、新潟県魚沼地方伝統の麻織物「小千谷縮」が登録されました。おめでとうございます!!
夏のきものとして、糸に撚りをかけてシボを出した生地で、麻の水分を蒸発させやすいという特性を併せ持つとても涼しい麻の織物です。

地元は、喜びもひとしおのようで、南魚沼市のHPから
    **************
祝 「小千谷縮・越後上布」ユネスコ無形文化遺産代表リスト登録決定

昭和30年5月に国指定を受けた重要無形文化財「小千谷縮・越後上布」ですが、平成21年9月30日に開催されたユネスコ(国連教育科学文化機関)政府間委員会で無形文化遺産代表リストへの登録が決定されました。
ユネスコ無形文化遺産は、伝統芸能や工芸技術、民族慣習などに対し、世界共通の遺産として保護するためにリスト化しているものです。
日本からの登録は全部で16件ですが染織部門では日本で最初になります。「小千谷縮・越後上布」が日本のみならず世界から認められ評価されることになり、郷土の誇りとして登録決定の今後に期待をいたします。
    ****************

染織部門で日本初の登録というのも嬉しいことでしょうが、皆さん5年前の新潟県中越地震を覚えていらっしゃいますか?

この時、最も被害の大きかった地区の一つに「小千谷縮」の産地があったのです。このときの地震で、貴重な機(はた)が何台も壊れてしまったと聞きます。あの「ツルの恩返し」でツルが布を織るのに使っていた機です。「そんなのすぐ直せるだろうに...」とか思っていらっしゃいません? まず日本の反物を織っている機は、織り方(専門用語では組織と言います)によって、構造が変わってきます。一台、一台がオーターメイドと行っても過言ではありません。おまけに、機を作っているところは国内に1軒くらい、こちらも後継者難です。部品も手作りで規格品なんてありません。なので、機が壊れた=織物の組織が一つ途絶えた、というのが現状なのです。

この時、避難所に、麻の繊維を裂いて細い麻の糸をとる「苧績み(おうみ)」の道具を持って非難された方が何人もいらっしゃいました。避難所や仮設住宅でも、何十年もされているこの「苧績み(おうみ)」をすることで、「気がまぎれました」とのコメントが印象的です。そして、そんな職人さんの心意気に、機屋さんの方も「技術を絶やすわけにはいかない」と、工場を建て替えられた方もいらっしゃいます。

現在「小千谷縮」は、伝統的手法を使った手作業のものと、機械の2通りありますが、今回の登録は手作業のものだけです。生産数は、年に4,5反。一反分の糸作りだけで10ヶ月近くかかることもあり大量生産には向いていません。それでも登録をバネに、手織り以外も売り出そうという動きも出ているようです。

その一端として、下記のサイトに動画で小千谷縮と片貝木綿が紹介されています。
http://aigallery.blog97.fc2.com/blog-entry-214.html

伝統産業はどこも「心意気」が「命」となっています。皆さん、ぜひ本物を見る目を養ってくださいね。




新潟県中越地震文化遺産を救え (高志書院ブックレット)
高志書院
矢田 俊文

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。通りすがりですみません。
今日、新潟市内でタクシーに乗ったら、運転手の方が小千谷縮の工房をしていた方だと話してくださいました。そこで、小地谷縮で検索したら、このブログにたどり着きました。運転手の方は、震災で工房が全壊し、3年前から出稼ぎでタクシーの仕事をしていると。。。
正直、未だに震災の傷が残っている事を知り、悲しくなりました。
日本の伝統産業を守って欲しいと、私は思っています。
そして、工房再開を目指して頑張っておられる方がいることを、とても心強く思いました。
また、ユネスコの無形文化遺産の情報ありがとうございます。小千谷縮のある新潟県民として、とても嬉しい情報でした。ありがとうございました。(お礼が言いたくって。。。)
たまごん
2009/11/15 00:10
たまごんさん、通りすがりでも大歓迎です。新潟県にお住まいなんですね。今回の記事を、喜んでいただけて感謝です。
私も着物を日常的に来ているので、気に留めたり情報が集まってきたりします。そこで知ったことは、知らないうちにひっそり途絶えていくものがたくさんあるということです。どうか皆さん、ちょっと興味がそそられたら、ぜひ気に留めてみてください。それが生産者の方にはものすごく励みになります。将来に向けての一歩が進むことになります。小さな一歩だけど、とても大きな一歩です。頑張ってる話を聞くと、私も頑張らなきゃと、元気がもらえますから。お互いさまです(^-^)
chie
2009/11/15 10:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児ブログ・ランキング 木精占いはいかが? ここ↓をクリック(無料です) SQ Life 木精占い クリックで救える命がある。 Amazon. co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン
「小千谷縮」ユネスコ無形文化遺産へ Honeybee/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる