Honeybee

アクセスカウンタ

zoom RSS 着物の保管について

<<   作成日時 : 2010/02/16 21:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょうどお天気も良くなってきました、着物の手入れはいかがですか?

@ 一年に一度は点検して、湿気を防ぎましょう。
  春と秋の2回、空気の乾燥している時期に、たとう紙を開けて、確認しておきませんか? もうすぐ、卒業入学の時期ですから、いざという時、慌てなくていいですよ。

 タンスを半日階段状に開けておくだけで違いますよ。と呉服屋さんからのアドバイスでした。

A ウールと絹は一緒にしまわないでください。
  どちらもおしゃれ着なので(滅多に着ない?!)、一緒の引き出しに入れたくなるのも分かりますが、ウールの方が虫がつきやすいので、絹まで虫食いに...ということもよくあります。やはり素材により引き出しを分けることが、長持ちさせるコツであり、おしゃれの極意かも知れませんね。

B ビニールのまましまわない。
  クリーニングにだすと、ビニールにくるまれて帰ってきますが、これはクリーニング屋さんから自宅までの間に汚れないように...という気遣いですが、長期の保管には向きません。必ずビニールからだしてしまいましょう。ちなみに、着物を包むたとう紙は、湿気も少しは吸ってくれるし、通気性もあり、そのまま保管しても大丈夫です。とはいえ、あまり長いこと入れっぱなしは、湿気をこもらせて、かえって逆効果。@へもどる..という所でしょうか。

 ちなみに、呉服屋さんで手入れを頼むと、悉皆屋さんという着物専門の手入れ業者の方にわたり、きれいにたとう紙に入って戻ってきます。

 着物向けに、漢方敷やウコン染めの風呂敷などもあります。ウコン染めの風呂敷は、一度洗濯してから使わないと効果が半減...だそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児ブログ・ランキング 木精占いはいかが? ここ↓をクリック(無料です) SQ Life 木精占い クリックで救える命がある。 Amazon. co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン
着物の保管について Honeybee/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる