Honeybee

アクセスカウンタ

zoom RSS 悩み多き英語の勉強です

<<   作成日時 : 2010/02/25 00:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日から息子の英語につきあって、問題集を少しずつしていますが、答え合わせなどしていると、時に鋭い突っ込みが返ってきて、こちらももう一回、改めて辞書を調べるはめに陥っています。

be動詞と一般動詞の違いは何かと改めて聞かれると、そういうもんだとしかいえないんですが、日本語なら何になるのかとさらに突っ込み。参りました。

進行形を作るときは、動詞の原形に-ingをつけますが、動詞がyで終わるときは、そのまま-ingをつける

例) play + ing = playing

というと、過去型にするときは y を i に変えるじゃないか

例) carry + ed = carried

と突っ込まれ、スペルによる法則など調べるはめに。調べて見ると結構細かい規則性があるんですね。英語の文法書の方が細かいのですが、それを子供に伝える場合、やっと、動詞の過去形や進行形、名詞の複数が分かりかけた所で、形容詞や副詞を作るための接尾語の付け方などは理解不能なので、なかなか頭が痛くなります。

と思えば、 様子を表すから like は動詞じゃないと言い出すし。一つの単語でも、同じ形で動詞や、名詞、形容詞、副詞...と違うときがあることを以下に説明しようかと。「それなら試験の時、どの訳書けばいいか分からない」とか、「テストにならないじゃないか」と返ってきそうです。実際、発音のことで、英国式か米国式かで言い合いになりました。

息子は、すっきりした回答を求めるのですが、なかなか。私が未熟ということもあるのですが、本人も一つの単語に一つの意味しか取り込む余裕がないというのが現状です。なんとか高校入試までに、もう少しりかいがすすむといいのですが...。
A Practical English Grammar
Oxford Univ Pr (Sd)
A. J. Thomson

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児ブログ・ランキング 木精占いはいかが? ここ↓をクリック(無料です) SQ Life 木精占い クリックで救える命がある。 Amazon. co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン
悩み多き英語の勉強です Honeybee/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる