Honeybee

アクセスカウンタ

zoom RSS 「南と北の共生」について講演会情報

<<   作成日時 : 2010/02/07 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 講演会のお知らせです。主催はグリーンコープですが、どなたでも参加できますので聞きにいかれませんか? グリーンコープの組合員の方は、先週配布のチラシに、講演会のお知らせが入っていますので、2/27までに配達担当の方へお渡しください。

日時: 3月20日(土)10:00-12:00[会場9:30]
会場: 崇城大学市民ホール(熊本市民会館) 大会議室
演者: 堀田正彦(潟Iルター・トレード・ジャパン(ATJ)社長)
入場無料
画像
画像


私たちが日用品を適正価格で購入することで、循環型の農業を営むことが可能になり、暮らしていける方達がいます。安ければいいという風潮を見直してみませんか? 安いものばかりを追い求めることで、なくしていくものが存在するのです。色々な商品の生産者だけではありません、消費者である私たちの心の中のとても大切な何かなんです。適正価格はむやみにつり上げられた価格ではありません。生産者が、その商品の品質を維持できる、ひいては生産者の暮らしが安定する価格のことです。これは日本国内の農業生産者や漁師さんを含む第一次産業に携わっている方々、だけでなく、中小企業の生産者にも言えることなんです。

 先日、新聞に論説欄でしたかいいことが書かれていました。
「いいものを見ていると、いいものが分かるようになる。しかし、安いものばかり見ていると、いいものが分からなくなる。」

最近ビニル袋が破けやすくなったと思いませんか。袋の大きさはそのままで、厚さが薄くなっています。台所のスポンジの持ちが悪くなったように感じませんか? 靴下の脇の色の変わり目で穴があきやすくなったと思いませんか?色を変えた所で、糸が切られているものが多いです。
同じように見えても、前より弱くなったものが増えてませんか?
店に行けば何でもあるから、必要ないものまで購入していませんか? 
少し壊れたり、破けたりしたからと言ってすぐに捨ててしまっていませんか?
修理して使いたいのに、新品を買う方が安かったり、交換部品が無くなる期間が早い気がしませんか?

安いものを作るには、今までの過程のどこかを省略したり簡略化したり、原材料の量を減らしたり、賃金を減らしたり、何かを犠牲にしているのです。もちろん工夫して、少ない材料でもとの強度よりもあげられる場合も存在しますが、省かれた所は私たちにとって、本当に必要なかったのでしょうか。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児ブログ・ランキング 木精占いはいかが? ここ↓をクリック(無料です) SQ Life 木精占い クリックで救える命がある。 Amazon. co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン
「南と北の共生」について講演会情報 Honeybee/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる