Honeybee

アクセスカウンタ

zoom RSS 事業仕分けで思うこと

<<   作成日時 : 2010/05/28 09:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日までのニュースで、事業仕分けの様子など報道がありましたが、限られた場面だけみると、どうもすっきりしない感じです。

天下り、天下りと連呼していましたが、そんなに悪いことなのでしょうか。民間の企業では、ある会社を定年退職した方が、他の関連会社の役員になることもありますよね。ある面、それと同じではないのですか? 

天下り自体に焦点が当たって、個々の方の能力については全く言及されていないのも気になります。優秀な人材に対して、定年後のポストが確保されたのであれば、人材の有効利用として良いのではないですか? 公の機関の定年は60才が多かったと思いますが、定年された方も、それ以後の生活費は必要なわけで...これは公務員に限ったことではないと思いますけど、公務員に関して「再就職=天下り」といわれるのであれば、問題な気がします。それともどこかに線引きがあるのでしょうか?民間に比べて安い給料で働いている上に、定年後も自分の能力を生かそうとする場が限られてしまうのって、いやじゃないですか? (みんなが安いわけではないのかな?)

あと、今回は「田んぼの教室」の廃止の理由にちょっと引っかかりました。子供達と一緒に田んぼの生き物の生態を観察して、その結果を生かしていくことに不満を挙げられていましたが、「専門の機関で高度な検証を...」という意見の方が目先のことばかり考えて、報告を密室にしてしまうと思います。

子供が参加することの意義をもう少し重く受け取って欲しいです。子供達が参加して、自分たちの調べた結果が社会に役に立っているという意識を持たせることは、社会参加の意識を育てるとても良い機会だと思います。自然に関する関心も持たせることになります。自分たちの関わったことには、無関心で入られませんし、まして子供が関わったとなると、必ず親も関心を持つようになります。小学校の環境学習でゴミの分別について学習すると、その地域のゴミの分別が良くなるという報告もあります。

同じニュースで、最近の男性が家事に積極的に参加する一因には、中学のときに家庭科を学んだからだという報道もあっていました。

子供を参加させるということは、長い目で見た効果が見込めるのに、専門的でないなどという理由で廃止にしないで欲しいです。国会で寝ている議員さんの給料や年金を全面カット、もしくは歩合制にデモする方がよほど緊急かつ効果的なのではないかと愚考いたしますが、そちらは仕分けには上がらないんですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児ブログ・ランキング 木精占いはいかが? ここ↓をクリック(無料です) SQ Life 木精占い クリックで救える命がある。 Amazon. co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン
事業仕分けで思うこと Honeybee/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる