Honeybee

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっと休憩...お菓子はいかが?

<<   作成日時 : 2010/05/08 12:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は,私が小学校の頃にもらったこの本からのご紹介です。お話付きの料理の本ですが、イギリスの習慣も少し紹介されていて面白いです。作り方に少し、なじみのない表現が出て来たりしました。

画像


先日,行きつけの喫茶店でショートブレッドを食べたことから、そういえば作り方が載っていた....と思い出して作ってみました。

本で見たときは,「ブレッド」というからには,甘くないパンをイメージしてなかなか作ろうと思わなかったんですよね。実は,厚手のクッキーというのが正解かな? サックリしたビスケットになります。

Made in Englandの料理ということで,こちらと少し事情が変わっていますので,自宅用にアレンジしたものをご紹介します。

材料 :
小麦粉 200g (よくふるって2+1/2 カップ)
砂糖  50g (1/3 カップ)
オリーブ油(バター) 130g (170g)
軽くほぐした卵 1個
(グラニュー糖 少々---出来上がった後の飾りに上から振りかけます)
*()の中は本の通りです

作り方:
1. オーブンを220℃に予熱しておきます。

2. 小麦粉と砂糖をボールにふるい入れ、オリーブ油を加え,混ぜ合わせます。

3. (2) が全体にポロポロして来たら,軽くほぐした卵を入れて、しゃもじでよく混ぜてなめらかな生地にして,更にてでこねます。あまりまとまらない場合は,分量外にオリーブ油を少し足してみてください。生地がまとまればOKです。

4. 天板にクッキンギペーバを敷いて,(3) の生地を載せ,手のひらで潰すようにして厚さ1.5センチくらいに生地を天板に広げます。(生地は通常のクッキーよりポロポロしていますので、気をつけてください。グラニュー糖をふる場合は表面にフォークで筋をつけておいてください。)

5. 包丁かパンづくりで使うスケッパーで,(4) の広げた生地を2x5センチくらいに切り分けてください。生地に入れた包丁を、抜かずにそのまま少しずらして生地と生地の間も少し隙間をいれておきましょう。焼けると少し生地が膨らみますし,生地への火の通りが違います。

6. 余熱の終わった(1) に (5) の天板を入れ25分ほど焼きます。機種によっても焼き上がりに差が出ますので,時間は参考程度と考えてください。生地の表面がうっすら茶色に色づくくらい焼き上げます。しっとりした生地がお好みの場合は,短めの時間にされるといいでしょう。

7. 焼けたら,天板をオーブンから出して,そのままコンロの上にでも置いて冷まします。厚い天板で,更に生地の水分が飛びますので,サックリします。


本では,直径20センチで高さ4センチの焼き型に入れて焼くようになっていますので,焼き時間が1時間かかります。今回ご紹介した方法では,生地を小さく切って焼くので焼き時間が短縮できたようです。

大きさ的にはカロリーメイト大で、なかなか食べでがあります。(^-^)


Amazonで書籍もありました。

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児ブログ・ランキング 木精占いはいかが? ここ↓をクリック(無料です) SQ Life 木精占い クリックで救える命がある。 Amazon. co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン
ちょっと休憩...お菓子はいかが? Honeybee/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる