Honeybee

アクセスカウンタ

zoom RSS 豊かさって、なんでしょう

<<   作成日時 : 2010/05/19 00:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近困ること。
画像

近所の手芸屋さんが閉店してしまいました。手作りするための材料を買うお店が、ドンドン減って来ている気がします。あと、材料の質も少しずつ落ちて来ているような...。今はまだ作らないからないのでしょうが、あまり長く続くと作れなくなってしまいます。技術が失われてしまう...。これは由々しき問題ですよ。何かを作りたくても、材料がない、道具がない...というのが、伝統産業だけにとどまらなくなりつつあるではないかと危惧しています。私の気のせいだと思いますか?

「何でも安い方がいい」という弊害のような気がします。安いものがあれば、確かに家計的には助かる面も多々ありますから、「安いもの」を否定するつもりはありません。「お買い得」ならね。

ただ、安いものしか身につけない、食べない、利用しないと、良いものが分からなくなります。「良いものがわからない」ということは、高い値段の粗悪品をつかまされかねないということですし、自分が一生懸命作った「良い製品」を買ってもらえなくなるということ。

人は、自分がやったことはきちんと評価して欲しいと思っているし、評価されることで生き甲斐を感じるものです。日常がつまらない...と考えているとき、自分のやっていることが周りにきちんと評価されているか思い返してみましょう。それから、自分は人のやっていることを、きちんと評価できているでしょうか。

物事は "Give and Take" です。労働に対する対価としての給料、賞賛、感謝。あなたは、自分の能力の一部しか使わない、機械的で単調な仕事を、何の評価も受けずに、もしくは批評や不満しか聞かされずに続けたいですか? 自分で工夫することもできずに、次から次に仕事の量だけが増えていき、自分の時間がなくなっていく...

多少の困難があっても、しっかり仕上げた仕事を正当に評価してもらえて、ついでにその分の報酬も貰える。更に次のより高度な仕事を依頼される。そちらの方がやりがいがあるのではないですか?みんなと同じことを同じだけしかできないのではなく、自分で工夫して、効率を上げたり、精度を上げたり、プラスαを付け加えたくないですか? 「この仕事は、あなたにしかできない」という、賞賛が欲しくないですか。みんなで一つのことに協力してトライしたくないですか? 学生時代の体育祭みたいに...。

自殺する方が増えている背景には、そんなこともあるのでは...と。

ありのままの自分を認める、人をありのままに受け入れることができますか?
画像


いつも安いものばかり購入するのではなく、一つでもいいですから「本当に良いもの」を手にしてみてください。「本当に良いもの」は、値段だけではなく、品質、見た目、使い心地...いろんな要素を含みます。別に目のタマが飛び出るほど高価なものだけではないのです。きちんと作ってあって、何年でも使えるもの。それこそ「ツクモガミ」になるまで。そういうものは、使えば使うほど艶が出て、手になじんでくるものです。いくら眺めても、毎日何かしら発見があるものです。作り手の一生懸命さというものは、作られたものにも確実に宿っていると思います。そしてそれは、その品物を使う人の心まで豊かにしてくれ、周りの人まで暖かな気持ちにしてくれます。

画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児ブログ・ランキング 木精占いはいかが? ここ↓をクリック(無料です) SQ Life 木精占い クリックで救える命がある。 Amazon. co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン
豊かさって、なんでしょう Honeybee/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる