Honeybee

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっと季節が戻りますが、ふんわり考えさせられます

<<   作成日時 : 2010/08/15 11:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


カラクリ荘の異人たち 4 ~春来るあやかし~ (GA文庫)
ソフトバンククリエイティブ
霜島 ケイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カラクリ荘の異人たち 4 ~春来るあやかし~ (GA文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



*春というのは、終りと始まりのけじめの季節だ。生命が生まれて死者の魂が去って、冬に眠っていた者が一斉に動き出す。その合図のような風邪だから、運んでくるものは福も災いも、いいことも悪いことも、一緒くたさ。目覚めるのが、いいモノばかりとは限らないからね。

 カラクリ荘の賄いをやっているお露さんの言葉です。ホントか嘘か、賽の河原の渡し守をぶちのめして戻ってきたという逸話も納得...のご仁です(^^;;


*言葉は人を傷つける。軽い気持ちで口に出して、でも間違えてしまったらもう取り返しはつかない。そう主ツタら、恐くてしゃべれなくなった。

 主人公太一の友人、高坂くんの言葉。現在高校生の彼の過去に何があったのか...。言葉の持つ力は、決して侮れないものですが、だからといって言葉を封じてしまうのも苦しいものです。

 彼の場合は、明日も会えると思って売り言葉に買い言葉で喧嘩したあと、仲直りが不可能になってしまい...ということなんですが、昨今の電脳空間での言葉のやり取りは、相手の顔が見えない分、威力が倍増してしまいます。誤解も起こりやすいです。きちんと相手の目を見て会話することも、時には大切ですね。



*思春期を侮っちゃ行けません。子供は他人を愛するのも憎むのも傷つくのも大人よりよほど真剣です。大人は自分を騙すことができますが、子供にはできませんからね。

  カラクリ荘の大家さん、柊二郎のことば。いつも寝てばかりの大家さんですが、時々ぽろりと鋭い意見をおっしゃいます。現世と異界の「境界守」でもあります。「境界守」が知りたい方は、本を読んでみて下さいね。(^-^)
 大人になって、振り返って、時々反省して仕切り直さないといけないことが多々ありますが、これもその一つかな、と思いました。


*物事ってのは、自分の見ているひとつきりが正しいわけじゃござんせん。あんたはもう、おっかさんに怯えるしかなかった小さな子供じゃないでしょぅ。何もかも、壊れるばかりじゃありませんよ。

  幼い頃に母親から受けた仕打ちから立ち直れないでいる主人公に、サトリからのアドバイス。ひとつずつ自分で乗り越えないと行けないものは、誰にでもあるものです。誰かに行ってもらえた言葉が、きっかけになることもありますよね。


*大切なのは無理することじゃなくて、毎日少しずつの努力の積み重ねだって。

 主人公の継母、鈴子さんのことば。漫画家をしている鈴子さん、結構突飛な性格をしていらっしゃいます。そちらの方も楽しめるかも。(^^;; 




カラクリ荘の異人たち(3)
楽天ブックス
商品副データ帰り花と忘れ音の時 GA文庫霜島ケイソフトバンククリエイティブこの著者の新着メールを登録

楽天市場 by カラクリ荘の異人たち(3) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

カラクリ荘の異人たち(2)
楽天ブックス
商品副データお月さんいくつ、十三ななつ GA文庫霜島ケイソフトバンククリエイティブこの著者の新着メー

楽天市場 by カラクリ荘の異人たち(2) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児ブログ・ランキング 木精占いはいかが? ここ↓をクリック(無料です) SQ Life 木精占い クリックで救える命がある。 Amazon. co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン
ちょっと季節が戻りますが、ふんわり考えさせられます Honeybee/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる