Honeybee

アクセスカウンタ

zoom RSS 段ボールコンポストからカボチャが花盛り?! 

<<   作成日時 : 2009/06/12 21:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像













 我が家の庭のプランターからカボチャが元気にのびています。大きな花も咲いてます。このかぼちゃ、実は生ゴミの中から生えてきたのです。別に臭くなんかないですよ。

 実は,生ゴミを段ボールコンポストで処理して,4ヶ月ほど黒いビニールに入れておいたものをプランターに移したら生えてきました。カボチャの生命力はすごいですね。もっとも、種が発芽できたのは,発酵がいまいちだったのかもですが...、カボチャの黄色い大きな花は,なんだかとても元気が出ます。

 去年は,生ゴミにせずに,そのまま庭に埋めたものから生えましたが,新芽のところは柔らかそうなので,みそ汁に入れてみたのですが,ものすご〜く苦かったです。で、どうせ食べるならと天ぷらにしたら、まだましでした。フキノトウも苦いけど,天ぷらで食べるじゃないですか。

 隣で,キュウリの花がかわいくキラリ!☆ と光っています(キュウリは種を植えました)。早く実がならないかなぁ〜と楽しみにしています。でも,キュウリはともかく,カボチャは今のところ雄花ばかりなので,実がなるまでしばらくかかりそうなのがちょっと残念です。
画像




 段ボールコンポストは、段ボールにピートモスと燻炭をよく混ぜたものに、生ゴミを投入していくのですが、糠ずけと一緒で毎日かき混ぜないといけないようです。生ゴミの水気は切らなくて大丈夫なのは嬉しいですが...とはいえ、大量にタケノコの皮を入れたり、梅雨の長雨の時期にはさすがに水分過剰になってしまうので、生ゴミ投入は見合わせました。ミミズコンポストよりは手間いらずですし、ボカシと専用バケツに入れるのより扱いやすいと思います。でも、設置場所は、床に直置きではなく、少し浮かせないと、発酵の過程で熱がでるし、水分がたまりそうです。台所に土間があるといいですね。3ヶ月ほどして生ゴミの分解が起こらなくなったら、中身を黒いビニールに入れ、口を縛って、日の当たるところでしっかり発酵させてから、プランターなどに入れ、栽培に使うとよいそうです。段ボールの中でしっかり暖かくなるまで発酵をキープできるといいのでしょうが、暖かさは今ひとつです。でも、生ゴミは減っていってます。特に卵の殻が消えてなくなりますね。まだまだ勉強中の、段ボールコンポストでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児ブログ・ランキング 木精占いはいかが? ここ↓をクリック(無料です) SQ Life 木精占い クリックで救える命がある。 Amazon. co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン
段ボールコンポストからカボチャが花盛り?!  Honeybee/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる