Honeybee

アクセスカウンタ

zoom RSS 「算数の謎」について

<<   作成日時 : 2009/06/22 12:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

算数の謎」について
「足し算は良く分かる。しかし引き算において、リンゴを2個取ると言った時、誰がその2個を取り、そしてその2個をどうするのか、どこに置くのかが全く分からなかったのだ。」ある面,もっともな質問ですよね。テスト勉強を前提にした先生では思いつかない考えでしょうが。

算数の問題に関して、「やまんばあさん海へ行く」という子供の本にとても楽しい回答がありましたので紹介します。

3年生の算数の時間、割り算の勉強中。
「リンゴがお皿に6つのっています。3人の子供がこのリンゴを分けると、いくつずつつになるでしょう」

 皆さんならなんと答えますか?ご紹介した本の主人公「やまんばあさん」は、御年296歳のものすごく元気で力持ちの山姥。もちろん学校なんていったことがありません。教室で子供たちが静かに諏訪つているのが不思議でしたから,みんなが(実際の)リンゴの分け方で悩んでいるものと勘違い。

 やまんばあさん第一の答えは,「ジャンケンがいいよ、じゃんけんで勝った子が,リンゴを食べればいいんだよ」ジャンケンはだめですよと先生にいわれ,今度は「アミダクジ。アミダで、1番から3番を決めて,1番の子は3個、2番の子は2個,3番の子は1個なら,みんなもらえるよ。」同じずつ公平に分けるんだという先生に、「公平にというなら,教室の子供全部に対して3人しかもらえないのは変だ」と抗議、「順番決めて、一口ずつ.でも,最後の子はリンゴが残ってないかもしれないけど,まぁ,それはしょうがないね世のなかって,そんなものさ」としっかり締めてくれました。

 最後まで,先生とやまんばあさんの会話は食い違ってはいたのですが,なかなか良い話だと思いませんか?


やまんばあさん海へ行く
理論社
富安 陽子

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「「算数の謎」について」について
「「算数の謎」について」について なるほど参考になります。数学は純粋抽象學問だとずっと思っていましたが、どうも限界があるようですね。朝永振一郎博士とStphen Hawking博士は彼らの著書(それぞれ『鏡の中の世界』と『A Brief History of Time』の中で数学を使って物理学を検証する際の限界が「負数と負数を掛けると正数になる」にあるのではないか、という事を述べていますね。ただそれに代わる数学が今のところ見当たらないので苦慮しているとも言っています。彼らのような物理学の巨... ...続きを見る
つれづれ漫遊記
2009/06/23 20:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児ブログ・ランキング 木精占いはいかが? ここ↓をクリック(無料です) SQ Life 木精占い クリックで救える命がある。 Amazon. co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン
「算数の謎」について Honeybee/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる