Honeybee

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ごくせんTHE MOVIE」見てきました

<<   作成日時 : 2009/07/12 10:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 昨日は、熊本市内は朝からすごい雨だったので、上のこの部活が中止になり、下のこのリクエスト通り初日の初回に見に行ってきました。

 朝から大雨でしたが、結構女の子数人で見に来ているとか多かったですね。小さい子をつれた親子連れもいたし、ご年配の方も早くから会場入りしていたりして、みんなに人気があるんだなぁとホノボノしました。

 予告編ではヤンクミが銃で撃たれるシーンがありましたが、結局撃たれることはなく、よかったです。とはいえ、ハイジャックされた飛行場の場面から始まり、「?」。実は赤堂学園の女性の先生3人(もちろんヤンクミもいます)が香港からの帰国便で、その中に乗り合わせていたのです。傭兵上がりのような国際色豊かな(?)ハイジャック犯3人組。乗客にすごみまくっていたのですが、居眠りをしていたヤンクミが起きて...次の映像は機外から。扉が開いて...なぜか土下座で謝りまくる犯人、後ろからヤンクミ登場。全国ネットで中継され、照れまくるヤンクミ...。なにがあったか、ものすごく知りたいのですが、以後言及なしでした。

 今回は、なぜか映画の中で、テレビ中継でヤンクミが移されている場面が多く、それをテレビの前で卒業生や大江戸一家の皆さん、赤堂学園の先生が固唾を飲んでいて、映画を見ている観客も一緒にドキドキしていたのでいた。以前の教え子片桐竜君が教育実習で赤堂学園に来たところからストーリーは動き出し、今の生徒や卒業生に真剣に向き合うヤンクミが、とても生き生きといていて、かわいかったです。時々出てくる「お天道様の下で、真っ当に生きてる...」、「仁義」、「堅気」...とうてい、学園ものに出てくる台詞ではなく、任侠ものだ...とはいえ、聞いてるこっちもちょっと恥ずかしいこの台詞ですが、ある面真理ですよね。今回は、そんなまっすぐで、いったいいつの台詞だ...みたいなヤンクミの言葉のあと、小田切君がぼそっと一言、こっそり突っ込んでて笑えました。小田切君はヤンクミの教え子だから、熱血してるかな?という期待を裏切り、ちょっと斜め後ろから慌てず騒がずヤンクミをサポート。

 ヤンクミの殺陣はさすがに決まってます。走る場面も多くて、ヤンクミ役の仲間さんは、きっと普段から体動かすようにがんばってるんだろうなと。教え子の少年たちですが、今回主に活躍するのは今の生徒と、今春卒業した生徒たち。とはいえ、白金や黒銀の卒業生も、そこここでがんばっている場面が。ストーリーに大きく関わるOBは、小田切君の他は、カメラマン助手の土屋君でしょうか。こっそりかっこ良かったかも。

 とはいえ、実際の世界であんなことやこんなことしたら、あと大変かも...と思いつつ、画面一杯にがんばるヤンクミの姿を見ていると、とってもすっきり。安心してみられる映画もある意味貴重ですよね。最後は、教え子たちのそれぞれのがんばりが見られて、やっぱりそれぞれにかっこよかたデスね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児ブログ・ランキング 木精占いはいかが? ここ↓をクリック(無料です) SQ Life 木精占い クリックで救える命がある。 Amazon. co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン
「ごくせんTHE MOVIE」見てきました Honeybee/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる