Honeybee

アクセスカウンタ

zoom RSS 「和の風水」から見たきものの底力

<<   作成日時 : 2009/08/26 21:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「和の風水」という題に引かれて手に取り、ぱらぱらとめを通すと、着物について書かれた部分があり、なかなか興味深かったので紹介します。




**引用開始**
*きものは八方のエネルギーを身にまとうもの
「8」という数字がきものにはつきもの。八枚の布(=袖・袖・身ごろ・身ごろ・衽・衽・衿・共衿)をつなぎ合わせるということは、八方のエネルギーを身にまとう、ということになりますから、きものを着れば健康になり、なお運勢も上向くといえましょう。
 またきものには八つの通気孔(=衿・身八口・身八口・袖口・袖口・振り・振り・裾)があります。ここをつねに宇宙の気が縦横無尽に吹きまくるのですから、熱中症なんかにはなりません。しかも夏は涼しく、冬は暖かいという日本の家屋と同じような構造なのです。
 さらにきものの素材である絹を作る蚕は、八の字に糸をまわして繭を作っていきます。そして出来上がった繭は、やわらかい八の字型となっています。糸をはき終わった蚕も、八の字型のサナギになって、羽化する日を待っています。
 そのためでしょうか、糸は八の字型に束ねると良いという知恵が日本にはあり、紐でも糸でも、束ねる形は八の字です。
  **中略**
 日本のきものは宇宙からの贈り物。きものを着ることで、本当の自分自身を探り当てる人は多くいます。それは絹や麻の持つ力もあるのですが、やはり八枚の布を身にまとうというところからきていると思います。
 着るときは姿勢を正しく、まっすぐに身体を立てて、布を身体に巻いていくのですが、そのときの気持ちは、身体の中心『丹田』(太極)に向かっています。
 丹田を風水的に捕らえると、太極、つまり中心点、宇宙の始まりです。そこへ向かって包み込むように着つけてゆき、最後に帯が丹田を意識させます。着終わると一本の柱になるわけで、第一章の古事記の話に登場した『天の御柱』です。つねに天と直結できる強さがあります。きものを着なきゃあソンソンですね。
 またきものは左右均等に柱に布を纏うようなもので、中心がずれるときは姿勢が悪いときです。衿合わせの合わせ目、帯揚げの結び目、帯締めの結び目が中心に来ていないと、着崩れていきます。つまり、つねに頭が天に向いて伸びていないといけないわけです。
***引用終わり***

 きものの作りから、身に付け方まで風水的にもよく考えられているというか、説明がつくというのは面白いですね。そういう説明を聞くと、風水というのは、身近な物という気がします。

 ここで八の字型に糸を束ねると良いというのは、八の字型にまとめるとなぜか糸が絡みにくくなるんです。和裁の本に縫い糸を針に通して直すときに、八の字に巻く方法が書かれていたので、私も愛用しているのですが、使うときに引っ張るとスルスルと気持ちよく糸が解けます。結城紬の職人の方にお会いしたときも、真綿に引いた糸は、八の字型にまとめておられました。

「8」という数字には次のような意味があるとか...
★八方位の気のエネルギーを吸収する強み。
★支配、名誉、荘厳、安定、成功、組織、権力など、かなり強いパワーをもつ by カバラ数秘学

 あと、身にまとう布の素材は天然繊維にかぎり、風水では「絹」が一番エネルギーがあるとみて、「麻」は着ている人自身を守る素材、「木綿」、「ウール」は正しい判断を下せる。「化学繊維」はマイナスの波動を受けやすいので要注意とするとか。これは、きものに限らず、着るもの全般に関係する話ですね。

 きものを着ると姿勢が良くなるというのはよくいわれますし、私もいつも着ているせいか、姿勢が良いといわれます。実際、きものを着て歩いていると、丹田のところに重心がある気がします。これは、乗馬をしたことのある方はわかるかもの知れませんが、馬に乗るときも丹田のあたりを意識して乗ると安定するのです。歩くときに丹田に重心が来ると、とても歩きやすくて、どんどん歩けてしまいますので、歩くことがとても楽しく感じます。履物が下駄とか草履なので、いくら歩いても足を締め付けないというのもありますが。それに。長時間立っていても、腰が痛くならないというのは嬉しいですよ。

 きものの柄にも、風水的に色々なパワーがあるそうですよ。もちろん、色にもあるそうですので、色々な意味で、きものは優れものだったんですね。

 きものを着ていると体調が良かったり、腹が据わるのもそういう訳もあったのかもですね。何も知らなくても、きものを着ていると楽しいですから、それが一番ですね。皆さんも、時にはきものを楽しんでみられませんか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児ブログ・ランキング 木精占いはいかが? ここ↓をクリック(無料です) SQ Life 木精占い クリックで救える命がある。 Amazon. co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン
「和の風水」から見たきものの底力 Honeybee/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる