Honeybee

アクセスカウンタ

zoom RSS 「語学力ゼロで8カ国語翻訳できるナゾ」とは?

<<   作成日時 : 2010/03/09 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0





さてさて、ちょっとおいしい話か? と考えてはいませんか?
そういう錯覚を抱かせる題である事は否定しませんが....(^-^)、著者は主に特許翻訳をされている方です。今まで数ある「翻訳者になるために...」という本とはちょっと違います。ただし,楽して稼げる的なお話ではなく、あくまでも従来とは違う視点で翻訳を眺めた本です。

帯についている「できるわけがない」を捨てよう、というキャッチコピーはなかなか大胆ですが、自分で自分の限界を作らないようにしましょうというお約束です。とりあえず、何でもチャレンジしてみましょう。

ところで、ちょっと面白い記述を見つけました。

「外国語に関する知識と翻訳の品質は比例しない」

という所です。

あえて磨くべき『語学力』として、著者は母国語の力を挙げています。結局、翻訳文を産み出す過程の思考には母国語が必要不可欠だからです。以前紹介した「ニッポンの評判―世界17カ国最新レポート」





にもありましたが、日本が明治になって開国して、一気に列強と並ぶ産業を立ち上げ植民地とならずにすんだのは、西洋の技術を母国語である日本語で理解したからだといわれています。一つには、他の言語の翻訳が出来るというのは、その母国語に翻訳するもとの言葉に匹敵するだけの語彙力があり、かつ理解が可能になるだけの技術力も持っている。という事に他ならないからです。

現在のような、英語偏重の語学教育は問題が多いのではないかと、心配になってきます。

横道にそれてしまいましたが、この本ではそういう教育について述べているのではありません。母国語の文章力が大事ということです。それに加えて、いかに効率よく必要な情報得るかという所が、今までとはひと味違うのです。

これは、翻訳に限らず、色々な勉強や仕事にも「お役立ち」ですよ(^-^)/。

自分の知らない事について、以下に効率よく、簡単に理解して、文章にするか。他言語から日本語だけでなく、その逆についても、書かれています。論文などで英語の文章を書くときにも、もちろんお役立ちです。

自分の思い込みから抜け出して、ちょっと違う世界を体験してみませんか?






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「語学力ゼロで8カ国語翻訳できるナゾ」とは?
 お互いのBlogを関連付けている千絵さんが首記の題で面白い意見を投稿しています。 ...続きを見る
Cross-cultural Show ...
2010/03/23 18:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児ブログ・ランキング 木精占いはいかが? ここ↓をクリック(無料です) SQ Life 木精占い クリックで救える命がある。 Amazon. co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン
「語学力ゼロで8カ国語翻訳できるナゾ」とは? Honeybee/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる