Honeybee

アクセスカウンタ

zoom RSS たまには、ハッピーエンドの心温まる話も悪くないです

<<   作成日時 : 2010/06/22 17:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

帯に書かれた「「深いいい話」にも紹介された...」、に惹かれたかどうかは分かりませんが、うちの娘のリクエストで購入しました。


8つの実話が教えてくれた「最幸の法則」
ダイヤモンド社
2009-12-11
西田 文郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



著者は西田文郎さん。8つの実話をまとめた本ですが、それぞれに考えさせられました。
根底にあるのは、「情けは人のためならず」という考え方で、つまりは他人のために頑張ることが、ひいては自らの幸福にも繋がる、ということです。他人のために頑張る力を「他喜力」と名付けておられました。

子育て中のお母さんにもお薦めです。特に、専業主婦で、小さなお子さんを抱えておられる方に。ずっと家にいると、子供のことばかりで次第に自分のことが押しやられてしまって、やるせなくなってしまいます。世の中から阻害されたようで、ホントに自分は役に立っているの? とか。一人ぽっちのような気がして、辛いこともありますよね。

この中で、第2話の「無料で配る850個の「夢ケーキ」」の話という話は、ほのぼのとさせられます。
 -----人と人とをお菓子は繋いでくれる。
という言葉は、嬉しいですよね。疲れたときは、甘いものを食べてほっと一息してみませんか?小さい子がいて....という方は、机の周りに新聞紙ひいたり、公園に出かけたりして、「汚してもOK」と割り切って一緒に戯れてみましょう。
 
第3話の「ゴミの山で暮らす子供達が教えてくれたこと」という話は、物質的な豊かさと精神的な豊かさの違いを教えてくれるかもです。そして「最も大切なボランティアは、自分自身が一生懸命に生きることなんだよ」と教えてくれます。無理しないで!! 

「最も貧しく、最も弱い子供達が、世界で最も他人を大事にし、最も親を大事にしている子供達でした」という、この話の主人公のカメラマン池間哲郎さんの言葉です。今の日本でも、お互いを思いやる気持ちを思い出すのに、読んでみませんか?

もう少し年齢がいって、小学生から中学生にもお薦めなのが、第5話の「宇宙に一番近い男の本当の夢」。皆さんは「どうせ無理」という言葉を使ったことがありますか? この話は、「どうせ無理」と誰もが考えるロケットの設計を実現した話。ロケットといっても、小型の勉強机に載るくらいのものらしいのですが、性能はなかなか。音速を超えて上空へ飛び立つことが可能なのです。

「いじめっ子は、自分に自信がないから他人に怒りを向けるのだ。自分に自信が持てたなら、決して他人を虐めたりはしない」という言葉もいいですね。(^-^)

第8話は、「障害者70人が生き生き働ける場所」。最近「障害者」という言葉について、色々取りざたされていますが、本質はそこではない気がします。字面を問題にする前に、障害だって個性だと認められる心を育てることの方が大事なのでは? 健常者にも短所はあります。いつも障害者は、健常者に守られなければいけない存在ではないんです。お互いが、お互いの短所と長所を出し合って、補い合えば素敵な職場が誕生するんです。

ではでは (^0^)/****

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児ブログ・ランキング 木精占いはいかが? ここ↓をクリック(無料です) SQ Life 木精占い クリックで救える命がある。 Amazon. co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン
たまには、ハッピーエンドの心温まる話も悪くないです Honeybee/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる